第七語「アントニオ猪木」

10月1日に元プロレスラーで元参議院議員のアントニオ猪木さんが亡くなりました。今月は既に別のお題で原稿を書き上げていたのですが、この訃報を受けて急遽内容を変更しました。私にとっては子供の頃のヒーローであり、何度もプロレス会場に足を運び生で観戦したものです。参議院議員時代には新横浜駅の改札口でスーツ姿の猪木さんを見かけましたが、その姿はとても大きく初めて見たわけでもないのに嬉しさと驚きでその場に立ち尽くしてしまったのをよく覚えています。

闘病(この言葉がこれ程似合う人もいないのでは)している姿を積極的に公開されていたことには賛否の声がありました。「強い猪木であって欲しいから弱々しいところは見たくない」と「自らの弱さを他人に見せることのできる猪木の強さをを見たい」という相反する二つの意見はどちらも理解できるものでした。

亡くなった後、暇を見ては現役時代の試合をたくさん観ました。その姿は何十年経っても色褪せるものではなく、本当にこの人は亡くなったのか?という錯覚に落ちてしまいそうでした。同じ感覚は2年半前にも経験しました。それは、私にとってのもう一人のヒーローである志村けんさんが亡くなった時です(奇しくも猪木さんも志村さんも2月20日生まれ)。

「人間死んだら終わり」そういう風に言う人がいますが、あれは間違いです、嘘です。猪木さんも志村さんも死んで終わっていません。何故なら、子供時代に影響を受けた私が今ここにいるからです。つまり、私の何パーセントかはアントニオ猪木と志村けんからできているのです。

あなたには身近で亡くなられた人はいますか?その人もまた死んで終わりではありません。あなたという一人の人間を作った人であり、あなたの一部分でもあるのです。そして、姿や形が無くてもこれから先、あなたに数えきれないほどの「縁」を紡いでくれます。その尊い存在を「仏」といい、あなたは共に歩んでいるのです。

浄土真宗本願寺派の僧侶であった中西智海師はこんな言葉を残されました。

人は去ってもその人のほほえみは去らない。
人は去ってもその人のことばは去らない。
人は去ってもその人のぬくもりは去らない。
人は去っても拝む掌(て)の中に帰ってくる。

私は著名でもなければ、影響力があるのでもなければ、何か取り柄があるわけでもありません。そんな私であっても自分のいのちを終え、姿形が亡くなった後にもきっと私の何かが残ると思います。生前誰かに伝えた言葉なのか、行動して成したことなのかどういうものかはわかりません。「猪木が残したもの」「志村が残したもの」というように名前が付いているわけでもありませんが、タンポポの綿毛がどこか飛んで根を下ろし花を咲かせるように、私の「名もなき遺伝子」が誰かの、何かの一部分となるのです。そして、忘れてはならない事は私自身もまた、何百億、何千億という先立って往かれたいのちから名もなき遺伝子を受け継いでいます。つまり、「姿形(肉体)がある事が重要(=死んだら終わり)」という考えは私達にとって大切なことを見えなくさせてしまうのです。

これからも元気が欲しい時には猪木さんの試合を、笑いが欲しい時には志村さんの動画を観ることにします。行くぞ!イチ!二ッ!サン!アイーン!

第六語「墓じまい」

巷ではこの言葉が頻繁に飛び交うようになりましたが、今回はこの背景について深掘りしてみたいと思います。

改めて説明することでもないと思いますが、墓じまいとは、維持してきた○○家の墓を手放すことであり、墓石を解体し、更地にして墓地管理者に返還する一連の流れの事です。多くの場合、墓地は永代使用料を払って使用権を買っており(土地を買っているのではなく、いわゆる借地権を購入している)、お墓としての使用を止めた時に、墓地管理者に返還する義務があります。その際には、永代使用料は戻りません。

一方で墓石はお墓の権利者の所有物ですので、石材店などに依頼して処分してもらうのが一般的です。また、埋葬されていたお骨がある場合は改葬する必要があり、永代供養の墓に改葬される事が多いようです。墓じまいにかかる総費用は、墓地の大きさや改葬するお骨の数によって異なりますが、数十万円から数百万円になります。

墓じまいの一番の理由は、お墓の後継者が現在、もしくは将来いなくなりお墓を維持していく事が難しくなる為です。雑草が伸び、何年もお参りした形跡が見られないお墓、いわゆる無縁仏のお墓というのは少なくありません。そうなる事がご先祖に対して失礼にあたるということから前もって墓じまいをする考え方は以前からありました。

しかし、最近の墓じまいはこの理由だけではありません。「子や孫に負担をかけたくない」「お墓の維持管理が煩わしい」「散骨の方がお手軽だ」といった以前にはなかった「合理的」な理由から墓じまいをする人もいます。合理的というのは一見、素晴らしいことのように思いますが、私たちの人生というのは合理的という言葉で片付けることのできない、片付けてはならない場合も多々あるのです。

これは僧侶であり、石材店で勤める方が作られたポスターの内容です。

・「私」の葬儀は簡素でいい。
・「私」は散骨でいい。
・「私」の墓参りはしなくていい。
・「私」の墓が負担になっている。
・「私」を思って集まる法事はいらない。
上の言葉の「私」を「子供」か「お母さん」に変えてみてください。もう一度考えてください、その判断が正しいか。

私たちは今日まで、親を初めたくさんの人達の「手間」によって生きてくる事ができました。つまり、私のこのいのちは「手間のかかったいのち」なのです。それを教え示してくれたのは誰なのか?先立って行かれた方々です。その人の仏事に手間をかけないでどうするのでしょうか?仏事というのは非合理性の中に存在するからこそ、それを通して合理主義では解決することのできない我が人生の問題を考えることができるのです。「手を合わせる事は無駄なのか?」それとも「子や孫に手を合わせる事の意味を伝え、それができる場所を残すのか?」厳しい言い方をすると、あなたが人間として問われているのです。「迷惑をかけたくない」その言葉は本当にお子さんやお孫さんの為になっているのでしょうか?

八王子浄苑にも「やすらぎの碑」という永代追悼墓があり、個別のお墓を閉じてこちらに改葬される方もいらっしゃいます。しかし、私が見る限り「永代追悼墓だからお墓参りの負担が減った」と考える人は少ないように思います。というのも、いつもどなたかがお参りされ、お花やお線香が上がっているからです。「お参りは自分が出来る限りする」という思いは、先立っていかれた方を大切するだけでなく、巡り巡って自分自身を大切にしていることであり、頭が下がる思いです。

CMなど様々な広告媒体で「墓じまいビジネス」「散骨ビジネス」を目にします。一度墓じまいをしてしまうと元には戻りません。一度永代供養をしてしまうとお骨が返ってくることはありません。流行りに乗って安易に決断するのではなく、みなさんでじっくり話し合ってください。お悩み、疑問のある方は八王子浄苑管理事務所、または管理する誓願寺まで遠慮なくご相談ください。

第五語「御朱印」

ここ数年、御朱印がブームです。御朱印そのものは勿論のこと、御朱印帳やそれを入れて持ち運ぶバッグにも様々なデザインがあり、年齢問わず集める人がいるのも理解できます。

そもそも、御朱印とは何なのでしょうか?仏教において、功徳を積む為に写経(お経を書き写す修行)をし、それをお寺に納めた事(納経)を示す受領証が元々の御朱印なのです。しかし、現在では納経をしなくても一定の布施(数百円程度)をすることで貰えるお寺が増えています。

どこのお寺でも御朱印を取り扱っているかというそういうわけではありません。とりわけ、浄土真宗のお寺の多くでは御朱印がありません(八王子浄苑を管理する誓願寺でも御朱印の取り扱いはありません)。これにはいくつかの理由があります。浄土真宗は、阿弥陀仏に全てをまかせる「絶対他力」の教えであり、煩悩にまみれた私が功徳を積み上げることはできないので「功徳を積むための写経」という考え方はしません。

さらに、「御朱印集め」が単なる「スタンプラリー」化してしまっている現状では、「一度そのお寺の御朱印を貰ったらもう来ない」というふうになってしまいます。浄土真宗のお寺は「聞法(もんぼう、私のありのままの姿を知る為に仏教の教えを聞く事)の道場」という位置付けですから、何度もお寺にお参りをして聞法を繰り返す事が大切だと考えています。

しかし、浄土真宗では写経をしないかというとそういうわけではありません。それは前述のように「功徳を積む為」ではなく、「お経の意味を知り親しむ為」であります。また、写経というと「般若心経」を思い浮かべるかもしれませんが、その宗派でお勤めをするお経を写すことが望ましいでしょう。ちなみに、浄土真宗では般若心経をお勤めしないので写経もしません。(※お経については、第四語「お経」を御一読ください)

御朱印集めをしている人の振る舞いがどうなのかはわかりませんが、御朱印をもらってすぐにそのお寺を後にしているとするならばそれは残念な事だと思います。せっかくお寺にお参りをされたのですから本当ならば、そのお寺のお坊さんと話をしたり聞いたりするのが望ましいのですが、少なくてもご本尊に向かって合掌をすることは忘れないでください。ご本尊(仏様)に手を合わせるという事は、自分自身と向き合うことでもあるのです。

最後に余談ですが、私は御朱印よりも「鉄印」です。鉄印とは、40社の第三セクターの鉄道会社(元々、国鉄やJRだった路線を地元自治体と民間で管理、運営する鉄道)がそれぞれのオリジナルの鉄印を発行し、それを一冊の鉄印帳に集めるのです。いわば、鉄道版御朱印です。まだ、海外旅行が容易では無い現在、地域経済を回し経営の厳しい鉄道会社の助けとなる鉄印集めの旅はいかがでしょう?私は集め始めたばかりで完走は遠い先ですが。ご興味がある方はこちらを